回遊魚釣り入門の誤植
(クリックして拡大)
日東書院刊『基礎から始める回遊魚釣り入門』四九頁図版より


 過ぎたるは猶、及ばざるがごとし。釣りに興味のない方はわかりにくいだろうが、丸の中をくらべていただきたい。その中にあるものはリールといって、釣り糸を巻き取るための道具だ。つまり、右のように釣り糸はこのリールの中に納まるように描かれていなければならないのだが、左側は勢い余って…。ついついやってしまううっかりミス。編集者はデザインの部分、図版の部分の誤植をついつい見逃す。本文以外は自分の仕事ではないとどこかで思ってしまっているものだ。


 何を隠そう、偉そうに講釈を垂れている私もやってしまったことがある。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote