草魚バスターズ
 草魚とは中国原産のコイ科の早熟大型魚。ブラックバス同様に食用目的(草魚は水路や河川の水草除去目的の場合も多い)で放された。本書はこの魚との格闘と調和の日々が綴られる。

 外来魚といえば、極悪非道、冷血生物として知られるブラックバスがいる。フィッシュイーターといって、小魚を捕食することから危険な生き物だと考えられているが、ではこの魚が居る場所は生態系が乱れ、生物多様性が失われているかといえばそんなことはない。原産地のアメリカは日本より遥かに豊かな生物の多様性と自然環境を保持しているし、この魚を保護するために湖の護岸工事を禁止しているところすらある。それどころか、今アメリカで問題になっているのはブラックバスではなく、チャイニーズカープ(中国産のコイ)による生態系破壊なのだ。

 魚に詳しくない方は、コイが生態系を破壊するなんて信じられないかもしれない。そして、魚に詳しくない人間が環境保全だのなんだのと声高に叫んで、フィッシュイーターを駆逐しているのだから始末におえない。これに関しては様々な意見があるが、本書から大きく遠ざかってしまうため触れるのは最小限に留めることにする。

 日本には元々「野ゴイ」と呼ばれる頭が丸っこく、すらりとした体型のコイがいる。しかし、世間一般にコイと呼ばれるのは、錦鯉のような形をした中国系のコイだ。これが日本原産の本来いるべき魚だと認識されているのがそもそもの問題であり、大きなコイが住んでいる川は美しいと考えられ、環境保護団体や自治体がコイ科の魚を放流する例も後を絶たない。この大陸系のコイは日本のコイと交雑し、生息地を奪っていることを指摘する人物、団体は極めて少数だ。考えてもみて欲しい。都市河川で見かける魚はどんなものがいるだろうか。ほとんどがコイとボラではないか。テレビなどで大量発生のニュースなどを見たことがあると思う。そう、実はコイは極めて環境耐性のある魚で、水温の高低、水質汚濁に強いのだ。コイはミミズや小魚、水草などなんでも食べる。ほうれん草やプチトマト、ソーセージやそうめんで釣れる魚だ。コイの養殖場では、家庭の残飯を放り投げるところもあるくらいなのだから、どんな魚かはおわかりになるだろう。コイは汚い川にこそ生息する魚であり、ほかの魚が卵を産むとその卵を集団で食べ、卵を産みつけるのに必要な水草も食べてしまう。草魚が草魚たるゆえんは、水草を食べる魚であるからだ。本書の大沢池もまた、ハスの花の美しい池だったそうだが、草魚による食害で大幅に水草は減少。人工的なものとはいえ、景観と多様性は失われてしまった。

 ブラックバスや雷魚、ナマズは魚を食べることから、一見環境負荷が高いように思えるが、実はその逆なのである。サバンナのライオンが減っているのは、草食動物が減っているからである。これは肉食動物、肉食魚の抗えない宿命だ。肉食動物が食べるものがなくなったときこそ、環境の終焉だといえる。コイは、あらゆる植物と動物に食害を与える。結果、肉食魚は姿を消し、水草による水質の浄化は阻害され、コイしか住めないパラダイスが生まれてしまう。これは肉食魚には決してできないことである。

 私は環境を破壊する才能ならばピカイチのコイを悪魚として血祭りにあげたいわけではない。草魚が日本にやってきたのも、無計画な肥料の散布と農業排水によって大量に繁茂した水草が邪魔臭かったからであり、食べても美味しいならいいだろうと軽はずみな考えで連れてきたためだ。ブラックバスやヘラブナ、アライグマにリス、マングースにミドリガメ。人間が経済性に溺れたからこその悲劇は枚挙に暇がない。そして今、生物多様性などといって、環境保全を推進する。そこにも観光や地方自治体の意向が繁栄され、結局は経済性に流されているだけではないのか。草魚やバスが欲しいから入れ、邪魔になったから駆逐する。その先に何があるのか。本当に環境は戻るだろうか。それは誰が保証するのか。まるで考えられてはいないのが現状だ。

 雑食性動物はコイだけでなくカラスなどがいる。これらはとにかく増えに増える。考えてみれば、人間も雑食だ。なんでも食べることは爆発的に増えることだ。日本人は特になんでも食べる。この小さな島国にアメリカの半分の人口が住んでいるのだから驚かされる。お隣の中国は、四本足は机と椅子以外、空を飛ぶものは飛行機以外なんでも食べるといわれる。さもありなん。

 本書は草魚に焦点を当てているが、私が一番価値があると思った箇所はカイバブの悲劇に触れている部分である。カワイイ鹿を守るため、肉食獣を絶滅させた結果、鹿は激増し、環境は荒廃し、鹿すら餓死して死んでいく。人間の価値観で自然に手を入れることの愚かさは、カイバブ高原についての数ページで すべて理解できることと思う。自然の神秘をすべてわかったかのように語り、環境を破壊したり、保全したりすることは、人間にはまだはやいように思う。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote